ごあいさつ

GREETING

この惠武美術館は、3つの事柄により開設を決意いたしました。
1つ目は、私の家内を見て
2つ目は陶芸家の思い
3つ目は、今世界的に流行している新型コロナウイルスでの自粛要請です。

病気を患った家内は足がむくみ、支えなしで歩くことも困難な日々が続きました。
毎日家で過ごす姿を見て同じような方がいらっしゃるのではないかと思ったのが初めのきっかけです。
何とか自宅でも『楽しい』と思える出来事をつくりたいと考えました。

また、現在新型コロナウイルス感染を回避するため自粛要請が出されています。
美術館・博物館・その他公共施設なども休館になっている現状で皆様に自宅での暮らしを少しでも快適にして頂きたいと思いました。

若いころから骨董品への魅力に興味を持ち、収集をしてきたこれらの美術品は、全てとても価値のあるものだと思っております。
陶芸家の思い・長年の歴史がたくさん詰まっており、何十年・何百年と損傷することなく今日まで残っています。

これらの美術品はもっと多くの方々へ知ってもらうべきです。
足を運ぶことが困難な方、遠方で美術館へ行くことが出来ない方にも美術品の魅力・歴史をお伝えしたく思っております。

今後とも末永いご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

責任者 松原 賢政